お産について お産について

  • 費用について
  • 入院について
  • お部屋紹介
  • 食事
  • サービス
  • 無痛分娩
  • ありがとうの声

アットホームな雰囲気で、産前、産後の不安を解消し、和やかにすごしていただける様スタッフ一同サポートさせて頂いています。
ご主人の立会い分娩はもちろん、上のお子様も一緒に分娩に立会うことも可能で、
異常がない限り自然な分娩を目指しています(計画分娩や無痛分娩などもお気軽にご相談下さい)。
出産後の赤ちゃんは大正病院小児科の管理体制のもと母乳育児の確立を目指します。
退院後には助産師による電話相談も行っており、新米ママの不安解消に役立つと喜んで頂いております。

費用について

・正常分娩の場合、全額自費扱いになります。
 (分娩料・入院料・室料・食事代・新生児管理料・産科補償制度料・薬剤料)
 通常5日間入院の場合、約520,000円~560,000円となります。
・異常分娩(帝王切開等)の場合は、入院費の一部に健康保険が適応されます。
・帝王切開は通常7日間入院となり、費用は約580,000~610,000円となります。
・時間外、休日、深夜に分娩となった場合も分娩料の加算はありません。
 (健康保険適応の処置、手術については加算はございます。)
・当クリニックで分娩をご希望の場合、妊娠24週までに予約金100,000円の納入をお願い致します。
・分娩費用・分娩予約金のお支払いにはクレジットカードのご利用ができます。
 ※令和元年7月1日よりご利用いただけます。

入院について

■入院期間
・正常分娩(お産の日を含む)
初産婦 5~6日間
経産婦 4~5日間
・帝王切開 7~8日間(前日入院、手術当日を含む)
※分娩の経過で多少異なる場合があります

■面会時間
・15:00~20:00(病室は4名まで入室可、LDR室は2名まで入室可、立会い可)
※感染防止の観点から、赤ちゃんと直接面会できるのはパパ、祖父母、曾祖父母のみとさせて頂いております。

≪お願い≫
お産のあとは心身ともに疲れており休養が必要です。
また、新生児は病気に感染しやすいので面会はご家族だけにとどめてください。
ご親戚、ご近所の方のお見舞いはできるだけ退院後にお願いします。


入院時携帯品
丈の長いパジャマ2枚程度、タオル、バスタオル、産褥ショーツ2~3枚、
生理用ナプキン(ナイト用)、ブラジャー(授乳婦用)、母乳パット、
時計(秒針付)、母子手帳、印鑑、診察券、ガーゼのハンカチ10枚程度、
ティッシュペーパー1箱、ストローなど
☆病院で用意しているもの
洗面具(シャンプー等、ドライヤー)一式、スリッパ、おさんパット、
歯ブラシセット、ボディソープ、赤ちゃんのオムツ、お尻ふき
なお、食べ物、飲み物等、お産の時に食べやすいものを持参いただいても結構です。


■入院手ぶらセット

入院時の携帯品を少しでも減らせるよう入院手ぶらセットをご用意してます。
単品購入、単品貸出が可能なものもございます。
ご希望の方は妊娠36週までにお申し込みください。


入院手ぶらセット

入院手ぶらセット

●パジャマ2枚(貸出)
●バスタオル1枚・フェイスタオル1枚×入院日数分(貸出)
★産褥ショーツ2枚
★授乳用ブラジャー2枚(M又はLサイズ)
★ガーゼハンカチ10枚セット
★ペットボトル用ストロー
★ティッシュ1箱


上記セットで5000円+消費税になります。
ご希望の方は妊娠36週までにスタッフへお声がけください。
★印のものは単品購入、●印のものは単品貸出可能です。

里帰り出産について

里帰り出産希望の方は妊娠20週までにお電話でお問い合わせ下さい(日・祝を除く13:00~16:45)。
※問い合わせ時点で分娩件数に達していた場合、分娩予約を承れない事があります。
帰省の時期は遅くとも妊娠34週までにお願いします。
逆子など特別な事情がある場合はより早い時期にご来院されることをお勧め致します。
当院へ初来院する際には現在通院中の医療機関から紹介状を必ずお持ちになり、
分娩予約金を受付にてお支払い下さい。
出産一時金の直接支払制度をご利用の場合、
予約金は10万円となります。ご利用にならない場合は45万円となります。

お部屋紹介

  • 個室
    お産で入院の方は原則個室になります。各部屋にテレビ・冷蔵庫・ロッカー・トイレ・洗面台・ドライヤーを完備しています。(シャワー室付の個室もあります)
  • 個室(和室)
    リラックスして過ごして頂けます。寝そべったりあぐらをかいたり、お家の様にくつろいでお過ごし頂けます。(1室)
  • 新生児室
    大切な赤ちゃんをお預かりするお部屋です。大きな窓から赤ちゃんの可愛い表情をいつでもご覧いただけます。
  • LDR室
    LDRとは、陣痛(Labor)、分娩(Delivery)、回復(Recovery)を略した言葉です。その名の通り、陣痛が始まってからお産をして、回復するまでご家族とゆったり過ごして頂けます。(2室)
  • カンガルーム
    見晴らしがよく陽の光がたくさん入るスタジオです。母親学級やマタニティビクス・ヨガ、産後バレエなど各種教室はこちらで開催しています。
  • アロマ室
    タイル張りのおしゃれなアロママッサージ専用のお部屋です。お産後の疲れの回復に、アロマの香りとリンパトリートメントで心と体を整えます。

食事について

お料理の一例

当クリニックでは、関西圏で数々のお店をプロデュースしている「レストラン~Amboise~アンボワーズ」の鈴木孝育シェフ監修のもと、厨房スタッフによる心を込めた手作りのお食事をご用意しています。栄養バランスのとれた美味しい食事をお楽しみ下さい。また、出産を終えられたママに、お祝い膳をご用意しています。本格的なフレンチ料理フルコースで心を込めておもてなし致します。

サービスについて

ホスピタルネット(iPad貸し出し)

当クリニックでは、iPadを用いた産婦人科向けタプレット端末”HosPad”を導入しています。
入院された患者様に1台ずつiPadを貸し出し、オムツ交換や沐浴についての指導動画を何度でもご覧頂くことで、入院中や退院後の育児に不安がなく、楽しい毎日を過ごして頂けるように取り組んでいます。
無料動画アプり、お子様向けアプリもご用意しております。

無痛分娩

完全に痛みがなくなるわけではありませんが、硬膜外麻酔を用いた産痛を和らげる分娩方法です。
麻酔をすることにより
①リラックス効果 ②血圧上昇の予防 ③分娩による体力消耗を防ぐ ④赤ちゃんへのストレスの緩和などの効果が期待できます。
ご希望の方、興味のある方はお気軽にお尋ねください。

無痛分娩の診療体制について.pdf

※助産制度(助産券)での入院に際して
・総室でのご入院となります。
・食事は、通常の病院食となります。
・無痛分娩に対応できません。
・その他いくつかのサービスはご提供できません。
以上、ご理解いただきますようお願い致します。

© 2017 Taisho Hospital Ladies Clinic.