医療関係者の方へ|医療法人 彰療会 大正病院

大阪市大正区三軒家東5-5-16

医療関係者の方へ

大正病院の役割

  1. 地域の急性期病院

    内科、外科、整形外科、小児科、皮膚科、産婦人科の診療を行っています。 いずれの科におきましても、当院通院の患者さまはもちろんのこと、診療所、介護施設からの 急性期疾患患者さまの外来診療、各種検査、入院治療、手術 等を積極的に受け入れています。

  2. 『かかりつけ医』としての外来診療

    外来診療におきましては、診療所と同様に親切できめ細やかな『かかりつけ医』としての役割を果たしています。 また、在宅診療をご希望される患者さまには原則として近隣の在宅診療医の先生方へご紹介していますが、当院による在宅診療を強くご希望される患者さまには、当院医師による訪問診療、往診、看取りを行っています。

  3. 回復期の患者さまの受け入れ病院

    超急性期病院や専門病院における急性期診療を終えた後も更に入院療養が必要な患者さまを積極的に受け入れています。 これにより、早期退院による患者さまやご家族のご負担、紹介元の診療所の先生方のご負担の軽減を図るとともに、超急性期専門病院の在院日数の軽減により、これらの病院の急性期病院としての役割を十分に果たすことに貢献しています。

  4. 多様な病棟(急性期病棟、地域包括ケア病棟、療養型病棟)

    当院は急性期病棟、地域包括ケア病棟、療養病棟の3種類の病棟を有しています。患者さまのご病状に応じた入院医療、入院期間に応じた病床をご提供しています。
  5. 診療所の支援

    各診療所および患者さまやご家族に安心していただけるよう、これらの診療所への積極的な支援を行っています。 地域医療連携室の充実およびきめ細やかな連携システムにより、いつでも速やかに各診療所からの外来診療、各種検査、入院をお受けできるような体制を取っています。

  6. 介護施設の協力病院

    当院は多くの介護施設の協力病院として、各介護施設からのご紹介患者さまをいつでも速やかにお受けできる体制を取っています。また入院医療が終了した患者さまの各介護施設へのご紹介を行っています。 地域医療連携室を通じて各介護施設との交流を盛んに行っています。

大正病院の3つの取り組み

患者登録制度

  • 在宅療養、診療支援の対象患者さんは事前に登録を
  • 病状、治療経過、内服薬など事前に情報を共有し、必要時すぐに対応できるように備えます。
  • 当院スタッフが登録のご挨拶に伺います。
  1. 在宅療養支援 在宅療養患者さんご家族のサポート
    • 在宅療養患者さんの状態悪化時、患者さんご家族や在宅スタッフの要望に応じて当院で対応
    • 登録患者さんのため1床以上の入院空きベッドを確保
    • レスパイト入院
    • 訪問診療(患者さんご家族の要望で)
  2. 在宅診療支援 在宅診療医師スタッフのサポート
    • 入院診療依頼に対しては原則断ることなく24時間対応
    • 当院で検査診断後、必要時は専門病院へ転送
    • 在宅診療医休業時の診療、往診の代行(在宅看取り)(夏季休暇、年末年始など)
  3. 在宅・生活復帰支援
    • 急性期病院から、地域からの患者さんも早期に退院できるよう治療ケア、リハビリを行います。
    • 医師、看護師、リハビリスタッフ、薬剤師、栄養士、MSWなど多職種で情報を共有し治療をすすめる高齢者チームとして回診、カンファレンスを実施
    • 療養病棟 在宅復帰機能強化加算を算定

地域医療連携室

地域の医療機関、福祉施設、訪問看護ステーション、居宅介護事業者さまと密接な連携を図るための窓口となり、下記の項目を目標に調整・援助を行い、より良い医療連携の確立を目指しています。 地域の先生方、患者さまがご利用しやすいよう努力しておりますので、ぜひ地域医療連携室をご利用ください。
  1. 入院支援
    • 入院相談
    • 地域の医療機関、急性期病院との連携
    • 介護施設との連携
  2. 退院支援
    • 当院から地域の医院、訪問スタッフへ
    • 当院から介護施設へ
  3. 受診、転院相談
    • 当院から他病院へ
  4. 入院登録患者
    • 在宅療養患者さまの状態悪化時、当院での入院加療の対応
  5. 退院後の訪問
    • 退院後の病状の把握
    • 患者、家族、在宅医療、訪問看護、介護者との信頼関係作りの対応
  6. 医療福祉相談
    • 在宅療養支援・・・患者さま、ご家族が暮らしの中でより良い治療が続けられるよう、院内スタッフや、地域関係職種の皆さまと協力して療養支援を行っています。
    • 福祉相談・・・経済面・精神面
    • 治療が終了する時も、医療の継続など不安や悩みが生じた時にはご相談ください。

連絡先

TEL
06-6552-0621(代表)
FAX
06-6556-0755(地域連携室直通)